正しい枕の選び方で肩こり・首こり対策を

肩こり・首こりといった不調は、合っていない枕を毎晩使用することで発症するといわれています。
他にも頭痛や腰痛、いびきなどもあげられます。

 

人間の首にはとても大切な神経・血管などが集中しています。
首に負担がかかることにより体調不良を招く原因ともなるのです。

 

その首を支える肩も同様です。
首に負担をかけないためにも正しい枕の選び方のポイント3つを知っておきましょう。

肩こり・首こりを改善する正しい枕の選び方とは?

 枕の「高さ」
まずは枕の高さの確認です。
低すぎる枕の場合は頭が下がって顎が上がっている状態となります。

 

枕が高過ぎる場合は顎が下がっている状態となっているため、顎の位置を基準にして確認します。
基本的に床に立っている時の顎の状態と同じが理想的と言われます。

 

顎が前後に移動していない自然な位置を保つことが出来る枕を選びましょう。

 

 枕の「硬さ」
人間の一晩での寝返り回数は約30回と言われています。
柔らかすぎる枕では頭が固定され寝返りが打ちづらくなります。

 

逆に硬すぎると頭の安定を遮るため首が頑張りすぎて首こり・肩こりに繋がります。
寝返りには熟睡するための環境サポートの役割があります。

 

それを促すためにも寝返りを打ちやすいくらいの硬さがあり沈み過ぎない、なるべく平らな枕を選びましょう。

 

 枕の「素材」
枕の素材は「高さ」にもかなり影響するものです。
現在ではさまざまな素材の枕があります。

 

メリット・デメリットもそれぞれですが、選ぶポイントは通気性と吸湿性です。
この観点から考えると、羽毛・そば殻の枕がお勧めということになります。

肩こりの原因とその対策としての枕

肩こり原因としては、色々な要因が考えられます。
睡眠時に考えられるのは脳の重さに首と肩が対応できなくなっているという症状です。

 

その対策として首と肩に負担がかからないようなを使うということが考えられます。
起きている間は首と肩の筋肉は酷使されてます。

 

それを眠っている間に休ませてあげなければならないということです。
悪いを使っていると眠っている間に却って首と肩の筋肉が疲れてしまいます。

 

これでは肩こりが治るはずはありません。
自分の身体に合った枕を選択するということが大切になってくるわけです。

肩こりが気になる人はまず枕を変えてみましょう

近頃は、パソコンやスマートホンを使う方が増えています。
そのせいで姿勢が悪くなり、ストレートネックという状態になります。

 

それが肩こりの原因となる人が増えているようです。
このストレートネックという症状は、なかなか自分では自覚することができない性質のものです。

 

何が原因で肩こりとなっているのかが判らないまま、肩こりに悩むということになりがちです。
このストレートネックを放置したままにしておくとあまり良いことはありません。

 

首や肩に違和感がある時には、枕を自分の身体に合ったものに変えてみるようにすると良いと言えます。

首こりの原因が枕の場合の対策

首こりが気になり始めた場合には、原因を探ることが大切です。
生活の中で首がこりやすい環境にいることで、その状態が悪化する場合があります。

 

近年では、スマートフォンなどが普及し、ストレートネックなどに悩む方も増えています。
ちょっと首が痛いだけと油断せずに原因を探り、しっかりと対策をすることも大切です。

 

首こり原因は、普段の姿勢などが悪いことも挙げられます。
仕事などで同じ姿勢を長時間続けていると首や肩などがこりやすい傾向になることもあります。

 

特に、デスクワークなどでは長時間同じ姿勢を保つことも多いです。
あまり体を動かさないため、首こりなどが発生しやすいといわれています。

 

目の疲れなどからくる首こりなども考えられます。

枕や運動不足が首こりの原因として考えられます

その他にも、首がこる原因としては、寝る時に使うなども考えられます。
自分にあったでない場合には、寝起きの時点で首がこり痛みなどがでることもあるでしょう。

 

朝起きて首が痛い、こりやすいという場合には、普段使っているが原因の可能性もあります。
自分似合った枕を選び新しく買い換えてみるのもこりを解消する方法の一つになるでしょう。

 

また、体をあまり動かさないでいると、首や肩がこりやすく血流の悪化を招くこともあります。
適度な運動をする習慣を身につけましょう。

 

自宅内でも軽くストレッチなどをすることも、首こり対策の一つになるでしょう。
原因を知り対策をすることで、首こりの悩みを解決していきましょう。

いびきの原因は枕かも?高さや素材を見直して対策を

長年のいびきは本人も困りますが、近くで寝ている家族にとってもつらいものです。
健康に問題がある可能性もあり、改善できないかと考えてしまいます。

 

いびき予防なる鼻クリップなどのアイテムも売られています。
手っ取り早く試すには便利なグッズです。

 

しかし効果のほどはどれも正直今ひとつだったりします。
ですが、諦めてしまうには早すぎます。

 

実は、最も身近な寝具の一つである「」にも原因が隠されているかもしれないのです。
といえば、高さや素材など自分が寝やすい、好きなタイプを選びがちです。

 

しかしいびき対策のためであれば重要なのは枕の高さです。

自分に合った枕でいびきを撃退!

いびき対策の場合はいびきの原因となる鼻の空洞や口の空洞などをの高さで変えます。
また適当な位置で頭を支えてくれる素材を選ばなくてはなりません。

 

最近では寝具店や快眠をアピールした枕の専門コーナーでのカスタマイズを薦めてくれるアドバイザーもいます。
高さの調節は細かく測り出してくれますし、素材も弾力性のあるビーズから低反発フォームなど様々なタイプが選べます。

 

初めは自分が考えていたものとは異なるかもしれませんが、しばらく試してみるとよいでしょう。
いびきをかかなくなったと周囲に言われれば、それこそがぴったりの枕なのです。

素材の種類から見る自分に最適な枕(まくら)の選び方

は眠りの質に関わる大切な寝具です。
その素材種類によってその人の体質や眠り方が変わってきます。

 

しっかりと眠りたいと言う人や質の良い眠りを求めている人は枕の選び方にも注目しています。
例えばに使われている素材としては多種多様なものがあります。

 

 

低反発ウレタン・羽根やフェザー・ポリエステル・木綿・ビーズ・そばがら・パイプ・炭・ヒノキなどがあります。
それぞれに特徴や寝心地・肌触りなどが異なっています。

 

中には血行促進の効果があるものや指圧効果があるものまであります。
また手洗いなど洗濯をする時に便利なものもあります。

素材によって寝心地が異なるのでお気に入りを見つけましょう

寝違えたり朝起きた時に肩こりがする人の場合はマッサージ効果のあるものがおすすめです。
寝汗が酷いと言う人は吸汗性の高いものや手洗いができるものなどが望ましいとされています。

 

気にする人が多いとされている硬さについてはパイプやそばからなどは硬めになっています。
柔らかいものが好きだと言う場合はポリエステルやフェザーのものがおすすめです。

 

また素材によってリラックス効果のある匂いがあるものがあります。
使う人の好みと機能性を兼ね備えた素材を比較検討するようにすることが枕の選び方のポイントです。

「肩こり・首こりに正しい枕の選び方|快眠枕おすすめランキング」関連情報